本文へ移動する

すまいるプラスロゴ

くらし・行政情報

文字サイズ
背景色変更
MENU

TEL:0155-62-9720

庁舎開庁時間 8時45分~17時30分

文字サイズ

背景

役場からの情報

  • 新型コロナウイルスワクチン情報

更新日:2021年05月19日

75yearsold

ワクチン予約状況(5月19日10時現在)

現在、75歳以上の方(昭和22年4月1日以前に生まれた方)の予約を受付中です。
これまで、約2,200件の個別接種の予約を受付しました。
現在の接種方法別、医療機関別の予約受付状況は次のとおりですので、ご確認の上、ご予約いただきますようお願いします。

2021051910

最新情報

65歳~74歳の方(昭和32年4月1日以前~昭和22年3月31日までにに生まれた方)のワクチン接種(R3.5.14更新)

(1)5月24日から高齢者(65歳~74歳)向けワクチンの接種券(クーポン)を発送する予定です。

(2)予約の受付開始は、個別接種・集団接種とも6月1日(火)を予定しています。

(3)もちろん75歳以上の方も引き続き受付してまいります。

 

75歳以上の方(昭和22年4月1日以前に生まれた方)のワクチン接種(R3.5.14更新)

5月17日(月)から、集団接種の予約が始まります。

ワクチン接種は必ず事前予約が必要です。
「個別接種」「集団接種」のどちらかを選択し、ご自身で各申込先へ連絡し予約をとってください。

「個別接種」

(1)予約 5月6日(木)より、順次予約を受け付けています。

医療機関 電話番号 受付方法 受付の曜日 受付時間
電話 来院
公立芽室病院 0155-62-2811 × 月~金 13:30~16:30
あおばクリニック 0155-62-2711 × 月・火・木・金 8:30~11:30、14:30~17:00
水・土(午前のみ) 8:30~11:30
なかお内科 0155-62-2035 月・火・木・金 8:30~11:30、14:30~17:00
水・土(午前のみ) 8:30~11:30
はまだ内科医院

ワクチン専用ダイヤル

0155-62-0706

月・火・水・金 8:30~11:30、14:30~17:00
木・土(午前のみ) 8:30~11:30

※ 現在、予約受付は大変混雑しており、第1段階予約枠の定員に達したため受付を終了している医療機関もありますが、次回のワクチン供給に合わせ予約を再開してまいります。各医療機関の予約受付に関する情報につきましては、随時、同ページ【最新情報】やFacebookにアップしますので、ご確認ください。ワクチンが不足することはありませんので、焦らず次の予約受付までお待ちください。

(2)接種日程 どの医療機関も5月12日(水)から始まっています。

「集団接種」

(1)予約 5月17日(月)から予約受付を開始します。

予約の方法 予約受付時間
①電話:0155-66-5953

月~金曜日(祝日を除く)

8:45~17:30

※インターネット予約は、
予約枠がある限りいつでも
行えます。

インターネット予約このリンクは別ウィンドウで開きます

③FAX:0155-62-0121(ただし、聴覚に障害のお持ちの方に限ります)
氏名、生年月日、住所、FAX番号、希望日を記入し、送信

※1回目接種、2回目接種の両日ともに接種可能な方のみ予約を受け付けています。
※集団接種の会場は、芽室町中央公民館(芽室町東3条3丁目)です。

(2)接種日程

「集団接種」の接種日程は、1回目と2回目をセットで設定し、「日程1」、「日程2」…という形で設定していきます。必ず1回目と2回目両日接種可能であることを確認し、ご予約ください。
「日程3」以降は決定次第、随時掲載していきます。

日程1 日程2 日程3 日程4 日程5

1回目接種:5月29日(土)
2回目接種:6月19日(土)

1回目接種:5月30日(日)
2回目接種:6月27日(日)

決定次第掲載

接種当日について

(1)持ち物

①クーポン券(台紙から剥がしたりせず、そのままお持ちください。)

②予診票(必ず、事前に記入を済ませて接種場所へお越しください。)

③身分証明書(保険証、運転免許証など)

※生活保護を受給されている方は、事前に役場で医療券(診療依頼書)の発行を受け、接種当日にお持ちください。

(2)接種のながれ

①予約した日時に接種場所へ行く。

②受付にて、予診票、クーポン券を提出。身分証明書にて、本人確認。予診票の記入内容、記載漏れがないか等を確認。

③医師による診察。

④接種(半袖を着用する等、肩を出しやすい服装でお越しください。)

⑤接種後、15分~30分体調に変化がないか様子を見ます。

⑥ワクチン予防接種済証を受け取る。

⑦2回目接種の日時を確認、2回目の予診票を受け取り、終了。

新型コロナワクチンを住所地外で受けることを希望される方へ(R3.5.12配信)

新型コロナワクチンは、原則、住民票を登録している市町村において接種を行うこととなっています。
ただし、次の「やむを得ない事情」に該当する方は、他の市町村で接種(以下、住所地外接種)ができる場合があります。
住所地外接種をする場合は、接種を受ける市町村に事前に届け出をして、「住所地外接種届出済証」を発行してもらう必要があります。接種券(クーポン券)は、住民票所在地が発行しているものをお持ちください。

やむを得ない事情があり、住所地外接種が認められる場合(接種を受ける時点において、現にその状態にある方に限る)と必要な手続き
やむを得ない事情 必要な手続き

・入院、入所者
・基礎疾患を持つ人が主治医の下で接種する場合
・災害による被害にあった人
・勾留または留置されている人、受刑者

市町村への申請は必要ありません。

接種を受けるに当たり、医師に申告してください。

※施設や医療機関によって、接種ができない場合がありますので、接種をお考えの施設や医療機関にあらかじめご確認ください。

・単身赴任者
・遠隔地へ下宿している学生
・ドメスティック・バイオレンスやストーカー行為等、 児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者
・出産のために里帰りしている妊産婦

接種を受ける市町村に申請が必要です。

住所地外接種を申請し、発行される「住所地外接種届出済証」を接種時に持参することで、住所地外接種ができます。
申請が必要な場合

芽室町の住民が他市町村で接種するとき

上記の「必要な手続き」で申請が必要となる方は、接種を受ける市町村へお問い合わせください。

他市町村の住民が芽室町で接種するとき

上記の「必要な手続き」で申請が必要となる方は、住所地外接種届PDFファイル(354KB)このリンクは別ウィンドウで開きますを記入のうえ、以下の方法で申請ください。

■申請方法

(1)窓口申請

接種を受ける市町村の窓口に「住所地外接種届PDFファイル(354KB)このリンクは別ウィンドウで開きます」及び「接種券(または接種券の写し)」を提出してください。市町村で内容を確認し、住所地外接種届出済証を申請者に交付します。

住所地外接種届は、健康福祉課窓口にもご用意しています。

(2)郵送申請

住所地外接種届PDFファイル(354KB)このリンクは別ウィンドウで開きます」を記載し、接種券の写しを添付して、市町村へ提出してください。市町村で内容を確認し、住所地外接種届出済証を申請者に交付します。

(3)WEB申請

こちら(https://v-sys.mhlw.go.jp/application/change-region.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます)から、接種を希望する市町村へ住所地外接種届を提出してください。申請内容に基づき、市町村は住所地外接種届出済証を申請者にWEBサイト上で提出します。

接種券の再発行

接種券を紛失、破損された場合には接種券の再発行を行います。

申請については、接種券再発行申請書PDFファイル(310KB)このリンクは別ウィンドウで開きますに記載し、芽室町役場健康福祉課保健推進係までご提出ください。

接種券再発行申請書は、健康福祉課窓口にもご用意しています。

芽室町に転入された方

新型コロナワクチン接種には、住民票のある市町村が発行した接種券が必要です。転入前の市町村で発行された接種券は使用できません。芽室町に転入された方で、ワクチン接種を希望される方は、新たに接種券を発行する必要があります。申請は、新接種券発行申請書兼接種記録確認同意書(転入者用)PDFファイル(92KB)このリンクは別ウィンドウで開きますに記載し、芽室町役場健康福祉課保健推進係までご提出ください。

新接種券発行申請書兼接種記録確認同意書(転入者用)は、健康福祉課窓口にもご用意しています。

芽室町から転出された方

ワクチン接種を受ける際には、住民票のある市町村が発行した接種券が必要となりますので、転出先の市町村にお問合せください。

新型コロナウイルスワクチンに関する相談窓口

芽室町新型コロナワクチン相談窓口

ワクチンに関する相談専用電話を開設しています。

※一般的な問い合わせや接種に関する相談を受け付けています。

電話番号:0155-66-5953

受付時間:月曜日から金曜日(祝日を除く) 午前8時45分から午後5時30分まで

障がいをお持ちで、電話での問い合わせが難しい場合は、次の方法でお問い合わせください。

FAX:0155-62-0121

メール: h-hoken@memuro.net

北海道新型コロナウイルスワクチン接種相談センター

北海道では、新型コロナウイルスワクチン接種相談センターを設置し、ワクチンに関する専門的な相談を受け付けています。

電話番号:0120-306-154

FAX:011-799-0338(電話での相談が基本です)

受付時間:午前9時~午後5時30分(土日・祝日も含む)

相談内容

・ワクチンの副反応等に関する相談
・副反応を疑う症状が発生した場合の受診に関する助言
・ワクチンの有効性、安全性に関する情報提供

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

厚生労働省でも、新型コロナワクチンコールセンターを設置し、新型コロナワクチンに関する問い合わせを受付中です。

電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)

受付時間:毎日 午前9時~午後9時まで

芽室町でのワクチン接種に関するQ&A(R3.4.24更新)

接種対象者は?

接種日に16歳以上の町民の方
※対象者は国が現時点の科学的知見に基づき決めているため、今後対象年齢が拡がる可能性もあります。

接種の優先順位は?

以下は国から示された優先順位です。ワクチンの接種は、一度の供給量に限りがあるため、国で決められたスケジュールに従い、対象者ごとに接種を実施します。

接種順位 対象者 開始時期(予定)
1 医療従事者等 先行接種以外の方は3月下旬から随時実施しています。
2

令和3年度に65歳以上に達する高齢者
(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

冒頭の最新情報以降については、追ってお知らせします。
※芽室町は、まず75歳以上の方(昭和22年4月1日以前に生まれた方)を対象とします。

3

基礎疾患のある方※1
高齢者施設等の職員

接種順位2のあと
4 上記以外の方※2 未定

(※1) 基礎疾患の一覧はこちらPDFファイル(1101KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

(※2) 妊娠中、授乳中の方もワクチンを受けることができますが、安全性に関するデータが限られています。かかりつけ医とご相談のうえ、接種を受けるかどうかご判断ください。(海外の動向についての参考資料はこちらPDFファイル(1091KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

接種費用は?

無料です。

接種回数は?

2回の接種が必要です。
※1回目と2回目は同じ製薬会社のワクチンを接種する必要があります。
※ファイザー社のワクチンの場合、2回目の接種は3週間の間隔をあけることとされています。

接種はどこで受けられるの?

個別接種:町内医療機関(公立芽室病院/あおばクリニック/なかお内科/はまだ内科医院)

集団接種:中央公民館などの町内施設を予定。詳細が決まり次第、広報誌や折込チラシ、ホームページ等でお知らせします。

接種には予約が必要なの?

接種は必ず事前予約が必要です。
詳細についてはワクチン接種予約をご確認ください。

接種を受ける際の注意事項はありますか?

・接種前に必ずご自宅で体温測定してください。明らかな発熱がある場合や体調が悪い場合などは、接種を控え、予約した医療機関などにご連絡ください。

・筋肉注射のため、肩を出しやすい服装でお越しください。

・予診票を記載して接種場所にお持ちください。

・何らかの病気で治療中の方や体調など接種に不安がある方等は、接種前にかかりつけ医にご自身の健康状態や既往歴等をご相談のうえ、ワクチン接種を受けるかどうかお考えください。(接種会場では、当日の健康状態等を確認しますが、大勢の方の接種が見込まれますので、スムーズな運営となるようご協力をお願いします。)

参考資料

ファイザー社の新型コロナワクチンの説明書PDFファイル(791KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(ファイザー社製)

接種後の注意点PDFファイル(700KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(ファイザー社製)

血液をサラサラにする薬を飲まれている方へPDFファイル(544KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(厚生労働省)

ワクチン接種の判断に迷います。

新型コロナワクチンの接種を受けることは強制ではありません。国からの情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。

疾患などで本人の意思を確認しにくい場合は、ご家族などに協力いただき、ご本人の意思確認が必要です。また、本人が接種を希望し、自署が困難な場合は、ご家族等が代筆することが可能です。

職場や周りの方などに接種を強制したり、接種を受けていない人に差別的な扱いをすることのないようお願いいたします。

(厚生労働省ホームページ 接種についてのお知らせ「接種を受ける際の同意」より抜粋)

ワクチンの副反応は大丈夫でしょうか?

ワクチンが免疫を付けるための反応を起こすため、どのような予防接種でも、何らかの副反応が起こる可能性があります。新型コロナワクチンの副反応として、ファイザー社のワクチンでは、注射した場所の腫れ・痛み、発熱、頭痛、疲労、筋肉痛、寒気、関節痛、下痢などがみられることがあり、こうした症状の大部分は接種後数日以内に回復していることが報告されています。

副反応による健康被害が起きた場合はどうなるの?

予防接種にて比較的よく起こる副反応以外に、副反応による健康被害(病気になったり障がいが残ったりすること)が起こることがあります。極めて稀ではあるもののなくすことができないことから、国により救済制度が設けられています。現在の救済制度の内容についてはこちらをご確認ください。

https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou20/kenkouhigai_kyusai/このリンクは別ウィンドウで開きます

ワクチンを受けた後も、感染予防は必要なの?

ワクチン接種は新型コロナウイルス感染症発症の予防が期待されていますが、他の方への感染をどの程度予防できるかはまだわかっていません。
また、ワクチン接種が徐々に進んでいく段階では、すぐに多くの方が予防接種を受けられるわけではなく、ワクチンを受けた方も受けてない方も、ともに社会生活を営んでいくことになります。3密(密集・密接・密閉)の回避、マスクの着用や石けんによる手洗い、手指消毒用アルコールによる消毒等の感染予防対策を継続しましょう。

そのほかの参考

新型コロナワクチンについて皆さまに知ってほしいことPDFファイル(6283KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(厚生労働省)

厚生労働省HPこのリンクは別ウィンドウで開きます

首相官邸HPこのリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ

芽室町役場 政策推進課
TEL 0155-62-9721(直通)
〒082-8651 芽室町東2条2丁目14

より良いホームページにするためにアンケートにご協力ください。

  • お求めの情報は充分掲載されていましたか?
  • ページの構成や内容、表現はわかりやすかったでしょうか?

不足していた情報や、調べたかったことなど、他にご感想があれば
ご意見・お問い合わせフォームからお送りください。

お知らせ
ページ先頭へ戻る